伝知板・・・2009年

                                          各月をクリックしてご覧ください

 8月   9月    10月    11月  12月 


     〔2009年 8月〕


    西本願寺 聞法会館 にて(8月23日)

                    

    筑前琵琶の曲は数百曲あり、その中に宗教(家)関連の曲が、同名異曲を含めて
    二十余曲あります。しかし今日では、〔青の洞門〕〔石童丸〕などが、稀に演奏される    
    くらいです。二十余曲の中で親鸞聖人についての曲が一番多く、ご得度からご入滅
    までのエピソードが、大正時代に九曲創作されています。
    西本願寺の聞法会館にて毎週行われる〔日曜講演〕にお招きいただき、〈粟田口〉と
    〈板敷山〉の2曲、そして〈あつもり+祇園精舎〉を演奏させていただきました。
    かねてからのご縁の又ご縁のおかげです。お話の苦手な私ですが、琵琶の解説も
    含めて心地良い緊張感で、なんとか勤めさせていただきました。
   




   新宮図書館 にて(8月29日)

          

    ご担当のOさんをはじめ、O館長自ら脚立に上って、持参した垂れ幕の吊下げや、
    行燈の設置など会場の準備に、図書館員の皆さん全員が総出で取り組んで下さい
    ました。  図書館の広報が配布されて間もなく、定員を遥かに超える申し込みが
    あったそうで、当初の1.5倍に会場を広くして対処して下さいました。
    多くの図書とご好意に囲まれた演奏の夕べでした。




   
賀茂神社 にて(8月30日)

       

     打合わせと会場の下見のために、賀茂神社を訪れたのは7月22日。 小雨の煙る
    夕方でした。この日案内して下さったSさんのご紹介で、この度の演奏が決まり、
    初めて室津を訪れました。室津に入ると潮の香りがしてきて、久しぶりに懐かしい
    記憶が戻ったように感じられました。由緒ある賀茂神社は岬の小高い所に位置し、
    参籠所からは播磨灘の島々のすばらしい眺めを楽しめます。かってシーボルトが
    訪れて、その感激をスケッチに遺しています。

    

    奉納演奏で新作の初演、心地よい緊張感に包まれ楽しいひとときでした。
    午後には町の中を散策し、一般の来訪者にも解放された家々で、様々に飾られた
    お雛さまを眺めることができました。それを楽しみにこの日室津に来られた方たち
    も、献茶祭の後に参籠所でお茶を楽しんでおられました。



   
佐用町立図書館10月3日の予定が延期となりました)
    この度の豪雨のため、佐用町では大きな被害を受けられました。
    心よりお見舞いを申し上げます。

    佐用町立図書館でも、再開に取り組んでおられます。
    このため、10月3日に予定の演奏会は延期となりました。
    後日お知らせいたします。



                                              この頁の最初に戻る
   
〔2009年 9月〕


   
佐保山茶論 にて(9月5日)
   
     

  
 万葉の時代に大伴家持の邸宅があった法蓮町 演奏は大伴家持の歌碑の除幕式
    を2週間後に控えた岡本邸の竹風亭で行われました。佐保山茶論を運営されている
    皆様はもちろん大の万葉フアン。演奏会の進行をはじめ お茶席での衣装は写真の
    通り万葉衣装で、さすがにぴったりと身についておられました。私も一度着てみたい
    と思いました。                              歌碑は大伴家持の
       〔我がやどのいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕へかも〕(巻19、4291)
    揮毫は駒澤大学名誉教授で高岡市万葉歴史館館長の小野 寛 先生です。   



                                 
この頁の最初に戻る
   〔2009年10月〕


    
京都造形芸術大学(9月末〜11月中)

          

    昨年より後期の非常勤講師として、京都まで「通勤」しています。
    通勤といっても、週に一度の遠出ですが・・・・。
    芸術学部の皆さんの〔伝統芸術演習〕のお手伝いをしています。
    日本の古典を体験することにより、各専攻分野での更なる創造に生かしてほしい
    との、芸術大学ならではのプログラムです。
    能、鳴り物、日本舞踊、琵琶、京舞、常磐津の中からの選択です。
    最終日に行われる発表会が楽しみです。



    
NHKかんさい特集・ふるさと歴史ウォーク
 
   源平合戦ロマンの地をめぐる 〜兵庫・須磨〜(10月11日)

                    

    須磨の浦で〔あつもり〕を演奏してきました。
    関西の名所・旧跡を、歴史に詳しい著名人や郷土史家の解説で、一般参加者が
    ともに歩く番組の収録でした。およそ130名の老若男女が下記の方々と一緒に
    ウォーキングを楽しまれました。
        講師:西海 淳二氏(郷土史家、須磨歴史倶楽部理事長)
        ゲスト:亀山 房代さん(タレント)
        進行:秋鹿 真人氏(NHKアナウンサー)
    須磨浦公園〜須磨寺までの道中模様は下記の日程で放送される予定です。
    
         11月20日(金)午後8時〜8時43分
               NHK総合テレビ 近畿ローカル
              (再放送:11月21日(土)午前10時5分〜10時48分)
     BSHi番組 全国放送〔ふるさとからあなたへ〕で下記の通り放映されます。 
              11月25日(水)午後4時〜4時44分
             〔かんさい特集ふるさと歴史ウォーク〕
                  〜源平合戦ロマンの地をめぐる 兵庫・須磨〜

    演奏風景は1〜2分映るそうですが、さて、どんな様子でしょうか。
    楽しみです。

     歴史秘話ヒストリア

    なお、上記とは別の企画用に〔祇園精舎〕の演奏場面の撮影がありました。 
    渚で風に吹かれながらの、波音とのコラボレーションは、心地よく格別でした。
    ある瞬間、琵琶の弦がひとりでに、かすかに鳴りだしました。
    風の精によるささやきか、と感動しました。
    今年4月から始まった「歴史秘話ヒストリア」の、平家関連番組の中のVTR冒頭部分
    に使用される予定です。数十秒くらいのようです。
    
    放映日が下記の通り決まりました。
        〔歴史秘話ヒストリア/私たち、草食系武士です。〜新・平家家族物語〜〕
              12月16日(水)午後10時〜10時43分  NHK総合テレビ 全国放送
        再放送  12月23日(水)午前 8時15分〜8時58分 BS2 全国放送
      再々放送  12月23日(水)午後 4時 5分〜4時48分 NHK総合テレビ 全国放送   

    ご都合がよろしければご覧ください。
    一瞬の間ですからお見逃しなきよう・・・・。



    
龍王山 浄泉寺御堂 にて10月17日)

          

    およそ10年前のFM放送がご縁となり、2001年秋にお招きいただき初めて田布施町
    を訪れました。以後吉田龍昭師のご紹介で、多くのお寺にて演奏のご縁を頂いて
    参りました。この古刹の山号・龍王山にふさわしく、山門の彫刻には龍そして襖に
    も龍が描かれています。何れも、このお寺の歴史を感じさせる風情があります。
    この度も、今はあまり説法のために使われることの少なくなった、高座に上がり
    演奏しました
(右写真左下)。お寺での演奏の際には、いつも感じることですが
    場の力″と言うべきものがあるように思います。
    開演に先立つ仏教賛歌は、温もりと優しさに満ちています。 御門徒の方による
    尺八そして舞踊との共演もあり、和やかな夕べでした。


                                         この頁の最初に戻る
   
 〔2009年11月〕


    
  なでしこの家 にて(11月7日)

        

    フィンランド製のログハウスは懐かしく、十数年前に雪の中、ログハウスに泊まっ
    たことを思いだします。訪れた二つの小学校ではフィンランドの子供達が民俗衣装を
    着て民俗楽器のカンテレを奏でて迎えてくれました。
    今日の演目には、フィンランド(スオミ)の自然を詠った器楽曲の〈クリスタル・スオミ〉
    を加えました。よく響くこのログハウスで数十名の皆さまが、肩を寄せ合うようにして
    聴いて下さいました。
    あたたかい拍手と、また、打ち上げの際の手作りの味は格別なものです。



   
むろの里よこの にて(11月14日)

         

    前夜は大雨、しかし朝出発する頃には 陽がさしてきて 会場の〔むろの里よこの〕さん
    宅に着いた時 一面に青空が広がっていました。 築八十年を越える町家の間取りの
    玄関を入ると そこは土間。  ぬくもりの空間で〔出会いは不思議、出会いは大事〕の
    言葉が迎えてくれます。
    昔の風情が今も残る数少ない町・室津 古くから港町として栄えた室津を知るには、
    歩くこと ぶらぶら逍遥するのが良い。〔魚魚市=とといち〕には 新鮮な魚や加工品を
    求めて、近隣から大勢の人達が訪れ 今では毎週土曜日に開かれているそうです。
    この市の主役・浜のか
ちゃん達も 静かに白拍子の物語を聞いてくださいました。



                                          
この頁の最初に戻る
   
〔2009年12月〕


    安永山 楽法寺 にて(12月15日)

         
     
     この日の法要は、朝の護摩供養から始まりました。山門横の広場からの煙が境内
    一面に籠り、青空との対比が鮮やかでした。加西西国霊場第一番の楽法寺の山門
    は、約500年前の戦国時代のもので風格のある構えです。法要と演奏会場の本堂は
    300年ぶりに平成10年に立て替えられたそうです。市内の曹洞宗の寺院から参列
    された、十数人のお坊さんによる厳かな法要が進み、そして一般参列の善男善女の
    御焼香となりました。  演奏のための舞台やスポットライト、蜀台などを檀家の皆様
    が設営してくださいました。最後に記念の写真を安永和尚ご夫妻と共に撮って頂き、

      
お心づくしの昼食をご馳走になり、清々しい空気の中を清々しい気持ちで帰路に着
    きました。

     



    2009年をふり返って
     
      今年もあと僅かとなりました。
     この一年をふり返って見ますと、身近なことでは、8月の台風9号の大水害が大きな
     衝撃でした。私は当日家から一歩も出ずに居たので判りませんでしたが、すぐ近く
     の揖保川では、橋の上まで冠水していたそうです。
     佐用町では多くの方が亡くなられました。
     また、10月の〔かんさい特集・歴史ウォーク〕で案内役を勤められた亀山房代さん
     が急逝されました。お若く、あんなにお元気だったのに、と驚きました。
     ご冥福をお祈り致します。
     個人的には9月と11月に身内の二人とお別れをしました・・90代と60代。
     これからの人生を心して歩まねば、と思います。
     今年も様々なご縁を頂き、異なった環境の下に演奏の機会を得て、多くの方々と
     お会いすることが出来ました。
     更に精進を重ね、皆さまとのお出会いを大切にしていきたいと願っています。
     ありがとうございました。

  



                       〔伝知板〕に戻る             この頁の最初に戻る