筑前琵琶 大藪旭晶

画人・魚井敬子作〈旭晶像60号の一部〉




兵庫県明石市出身  現在 明石市内に在住
幼少より母大藪旭寿に手ほどきを受け
後に筑前琵琶日本旭会総師範の二世柴田旭堂の門下となる
関西音楽集団を経て 邦楽グループ[グループ遊]を結成
1993年度日本琵琶樂コンクール第二位受賞
NHK邦楽オーディションに1992・1993年(東京) 1998年(大阪)
と合格し 以後FMラジオ〔邦楽のひととき〕にて十数曲が放送
テレビ番組として NHK〔上方倶楽部・金曜コンサート〕
〔ふるさと歴史ウォーク・源平合戦ロマンの地をめぐる〕
〔歴史秘話ヒストリア・新平家家族物語〕に出演
1993年より[語り]のいわかね栄さんとのジョイントで
〈耳なし芳一〉〈おこんじょうるり〉〈山の神と琵琶法師〉などの曲付けをし
およそ十年間 学校公演や親子劇場などの演奏活動を行う
フィンランドの自然を詠った〈クリスタル・スオミ〉そして
〈春琴抄〉〈朗読琵琶・桃太郎〉〈瀬田の決戦・・壬申の乱より〉
〈朗読琵琶・耳なし芳一〉〈壇の浦〉〈いろは歌〉〈野辺の草・妓王〉
〈朗読琵琶・小豆島の尾崎放哉〉〈朗読琵琶・くもの糸〉などの
オリジナル曲の創作にも取り組んでいる
お寺や神社、図書館、公民館、ギャラリー、学校及び劇場等で
演奏活動を行っている
明石伝統芸能協会 姫路文連 筑前琵琶日本旭会 日本琵琶楽協会に所属
京都造形芸術大学にて非常勤講師をつとめている

優れた古典曲の演奏のみならず、現代に通じる作曲にも取り組み
琵琶の音色をもっと身近なものとして
若い世代の方にも聴いていただきたいと願っています。



 (直接この頁へ来られた方はホームへお寄りください)